滞納すると怖いお兄さんが来ますか?

カードローンで返済を忘れて滞納するとどうなる?

キャッシングでもカードローンでも利用した場合、必ず月に1回の返済日が設定されます。

返済ができないことがわかった時点で必ずそのローン会社に連絡し、返済が遅れること、○日後には返済しますという予定日などを伝えればある程度ローン会社側で猶予をもらえる場合もあります。最短で入金できるように努力しましょう。もちろんそういったことが何度も重なることは問題外です。

カードローンの場合は少しくらいなら遅れることがあっても、返済をすればすぐに利用が再開できます。

しかし、滞納期間が3ヶ月を超えることになると話は変わってきます。個人情報信用機関に「事故」として登録されてしまい、以降の融資を受けることが難しくなってしまいます。

ローン会社も商売ではありますが、担当者は人間ですから相談することで返済に対してできる限り協力してくれるでしょう。ひょっとしたら知恵を貸してくれるかもしれません。返済が滞り他のローン会社などから借り入れすることで返済が自転車操業のようになり結果、自己破産なんて結末は誰も望んでいるわけではありませんからね。

契約書にも書かれていますが、滞納した際の遅延損害金は通常の利息よりもずいぶん高い利率となります。きちんと返済できれば全く必要のないお金ですし、丸々1ヶ月を超えない範囲で返済すれば回避できることが多いので、必ず行動してください。

やむなく滞納することになると金融業界での信用を無くし、利用停止等のペナルティを受けるだけでなく将来にも影響する場合があります。

車を購入したい、マンションを買うのに住宅ローンを組みたいと銀行などに申し込みをする際、審査が通らないということにもつながってきます。

信用の回復には時間がかかりますので、無理のない利用を心がけることが大切です。