まとめや借り換えに最適な方法とは

まとめや借り換えに最適なカードローン

数社の金融機関からお金を借りている場合、返済期日がバラバラであったり、各社によって金利が違ったりといった非常に複雑なことになっていたりしませんか?

複数の借入先が一つにまとめられたらどれほど助かることでしょう。こういった要望に応え生み出されたのが「おまとめローン」と呼ばれる商品で、ほとんどの銀行や消費者金融で取扱いを行っています。

お金を借りている側からすれば、返済日や返済額が明確になり、多少なりとも金利も安くなる場合が多いので月々の負担も軽くなりますので、多少返済期間が延びても完済という目標が現実のものとして実感できるというメリットがあります。 

貸す側からすると、複数の借金をまとめることで、契約期間が長期化することによる金利を確実に、また長期にわたって得ることができるというメリットがあります。

借りる側、貸す側の利害が一致するわけです。

しかし、既に複数の金融機関からお金を借りているという状況で、それをまとめようというのですから審査は厳しいものであると覚悟しなければなりません。状況によっては、ローンをまとめたことで更に他社からの借り入れが出来るようになり、借金が雪だるまのように膨らんでしまうということも可能性として考えられるからです。

また「おまとめローン」の限度額が、現在複数の金融機関から借りている金額の総額より少ない場合、一部はまとめることができても残りはそのまま継続して返済しなければならないというケースも十分に考えられます。そうなると、多少は楽になっても煩雑さや月々の負担は大して変化がなく、無駄に債務が増えるという意味のないことになりかねません。

全ての借金をまとめることができる「おまとめローン」であれば大きなメリットとなりますが、そうでない場合には逆に首を絞めることになりかねないリスクのある商品でもあるということを認識しておかなければなりません。