安心便利なカードローン会社の選び方

カードローン会社の選び方次第で賢く借りる

カードローンとひとくちに言ってもその種類は非常に多く、ほとんどの利用者のニーズに応えているのではないかと思うくらい多種多様化しています。

近年の不況によって正社員の採用は減少し、派遣社員やアルバイトといった不安定層が増加しています。そういった人たちにも利用できるカードローンも多く存在します。

万が一に備える、即日融資が必要、審査に時間がかかっても低金利で・・・利用者の目的によってカードローン会社の選び方も重要なポイントになってきます。

以前よく耳にした高利貸し・闇金などの違法な業者は法律によって厳しく規制されており、お金を借りる時につきまとう暗いイメージを生み出した悪徳業者は影を潜めています。

また、長年の不況から銀行の本来業務である融資を思うように確保できず、不景気であるからこそ需要が大きい消費者金融事業を一つの柱として推進することで本来業務の穴埋めをしようとしています。

大手銀行はテレビでも頻繁に目にしている大手の消費者金融業者をその傘下に取り込み、また地方の中小の銀行においては個人の融資を積極的に推進するようになりました。そのせいで小さな消費者金融などは潰れるか大手に吸収されるなどの淘汰が起こっています。

おかげで銀行は消費者金融の個人向け小口融資のノウハウを自分のモノとし、銀行にありがちであった遅い審査からも脱却し、スピーディな審査が出来るようになりました。

銀行カードローンはもちろん銀行直接の取引に近いので安心して融資を受けることができる上、審査によって個人差はあるけれど他の消費者金融に比べ限度額も高く設定されるのもメリットの一つです。

最大のメリットと考えられるのは銀行カードローンに限り、年収の三分の一までという規制もなく、銀行の定める審査をクリアできれば大口の融資を受けることもできますし、複数の借り入れがある場合の「まとめ」をすることも可能ですので非常に有難いモノと言えます。

デメリットは審査基準が高いことと時間が若干必要となることです。この条件をクリアできれば銀行カードローンは最強のおすすめカードローンと言えるでしょう。