在籍確認で借金することがバレますか?

在籍確認の電話が会社にかかる場合と確認のない業者があります

カードローンには銀行が取り扱うもの、銀行がバックにある銀行系のもの、消費者金融系のものなどがあります。

どのカードローンも基本的な考え方は同じですが、利子や返済に関して微妙に違いますので事前の確認が必要です。また、会社によって審査に必要な書類や審査方法にも違いがあります。

カードローンの場合、本人確認書類が最重要視されます。運転免許証などの公共の身分を証明するモノが必要となります。消費者金融系のカードローンでは融資できる金額が少ないことや銀行などとは違った情報収集に関する独自のノウハウを持っているので、収入を確認したりしない場合が多いです。

だからといって勿論本人確認をするだけでお金が借りられるわけではありません。そこで審査のために行われるのが「在籍確認」と呼ばれるものです。

申し込みの際に申告した勤務先に嘘偽りがないかどうかを確認することによって本当に仕事をしていて、収入があるかを確認するのです。

だからといって心配するほどのことではありません。おおっぴらに「ローン会社です。○○さんいますか?」と言ってくる訳ではないからです。お金を借りるという他人に知られると気まずい事ですから、社名なども微妙に取り繕った配慮ある表現をしてくれますので心配はありません。以前は個人名でかかってくることもありましたが、逆に不審に思われ取り次ぎをしてくれないなどの理由からやり方が変わったようです。

基本的に電話で話す内容はありません。在籍していることさえわかれば良いわけですから、その時点であなたのするべきことは完了したと言っていいでしょう。