銀行系カードローンは低金利で安心

借金が必要なときに低金利で利用できるカードローン

急な出費は突然やってきますし予測することがむつかしい事がほとんどです。そんな時にちょっと借りてすぐに返す。利息などの負担が小さい。使わない時は何のリスクもなく、必要な時だけに活躍する。カードローンはそういう考え方をお持ちの方にピッタリではないかと思います。

お金を借りる上で「安心」は必須ではないでしょうか。特に「低金利」というのが一番の安心材料となるのではないでしょうか。

その点でいえば安心感が一番高いのは「銀行」カードローンです。

お金を借りるには、「銀行系」「消費者金融系」「信販会社系」の大きく3つがあります。そのうち金利が一番安い「銀行系」が一番安心ということになります。

以前は銀行は審査が厳しく、安定した収入をもつ定職のあるサラリーマンなどの「信用」ある人達だけにお金を貸していたというイメージが強かったし、ある意味その通りだったと思います。ですが、最近はそのイメージから脱却しつつあります。

長年の不況から銀行の本来業務である融資が思うように確保できず、不景気であるからこそ需要が大きい消費者金融事業を一つの柱として推進することで本来業務の穴埋めとして充当することを目的に力を入れているのです。

大手銀行はテレビでも頻繁に目にしている大手の消費者金融業者をその傘下に取り込み、また地方の中小の銀行においては個人の融資を積極的に推進するようになりました。そのせいで小さな消費者金融などは潰れるか大手に吸収されるなどの淘汰が起こっています。

おかげで、消費者金融や信販会社のカードローンに比べて金利が格段に安い銀行系カードローンに対するハードルが以前に比べて格段に下がってきているのです。

銀行カードローンはもちろん銀行直接の取引に近いので安心して融資を受けることができる上、審査によって個人差はあるけれど他の消費者金融に比べ限度額も高く設定されるのもメリットの一つです。

最大のメリットと考えられるのは銀行カードローンに限り、年収の三分の一までという規制もなく、銀行の定める審査をクリアできれば大口の融資を受けることもできますし、複数の借り入れがある場合の「まとめ」をすることも可能ですので非常に有難いモノと言えます。

デメリットは審査基準が高いことと時間が若干必要となることです。この条件をクリアできれば銀行カードローンは最強のおすすめカードローンと言えるでしょう。