カードローン会社にも種類があります

お金を借りるのに信販会社系と銀行系ではどちらがおすすめなのか

カードローンを取り扱っているのは「銀行系」「信販会社系」「消費者金融」の大きく3つに分けられます。

特に銀行系は長引く不況から銀行の本来業務である融資が思うように確保できず、不景気であるからこそ需要が大きい消費者金融事業を一つの柱として推進することで本来業務の穴埋めに当てるようになったのです。

大手銀行はテレビでも頻繁に目にする大手の消費者金融業者をその傘下に収め、また地方の中小の銀行においては個人の融資を積極的に推進するようになりました。そのせいで小さな消費者金融などは潰れるか大手に吸収されるなどの淘汰が起こっています。

銀行系のカードローンの特徴としては、金利が安いこと、融資の金額が多いという点でしょう。また、銀行系であれば他人から見たときに体裁も良い点も大きいのかもしれません。

メリットの多い銀行系カードローンですが、金利が安く融資額が大きい分、審査は厳しくなることは覚悟しなければなりません。

信販会社系のカードローンの特徴はクレジット機能だけでなくショッピングにも利用できるという多機能性にあると思われます。買い物でカードを利用するとポイントも貯まり、商品と引換えできるという点にも魅力があるのではないでしょうか。

審査も消費者金融と同等と考えられます。もちろん金利についても消費者金融と大差ないところがほとんどです。

どちらが「得」かについては一概に言えないのはお分かりでしょう。ただ、大きく違う点が「銀行のカードローンは総量規制の対象ではない」という点です。

複数の借り入れを「まとめ」たり、多額の借入で金利の安い方に乗り換えたいなどの特別な理由がある場合には断然銀行カードローンが「お得」でしょう。多少の時間が必要なことと審査が厳しいことさえクリアできればの話ですが、チャレンジの価値はあります。

初めての申し込みで、ショッピングや海外旅行などが目的であれば信販会社系であっても遜色はないと思われます。

使用用途などによって一番適したモノを選択し利用することが必要です。