お金を借りる利用者にありがちなこと

カードローン利用者にありがちなことは?

借金の悩みはなかなか人にも相談できず、抱え込んだ挙句の果てに思わぬ事態に陥るということが多いようです。

手軽にカードで現金が借入できる。限度額を超えない限りは何度でも借りる・返すを繰り返すことができる。真面目に返済を続けていれば限度額が増額される。だんだん慣れが生じてきます。少しくらい高額なものを買ってもカードがあるから大丈夫と思ってしまいだすと歯止めが効かなくなってきている証拠です。

カードを利用することが、借金をしているという感覚ではなくなってきているのです。リボ払いだから毎月の負担は大したことがない、きちんと返済しているのだから問題ない。と思い込んでしまうのです。

リボルビング払いを勘違いしていませんか?返済した金額は、先に利息分を充当させ、残金を元金の返済に充当するという方式なのです。最低額しか返済しないでいると、利息の支払いを一生懸命行っているだけで、本人が払っていると思っている元金はほとんど返済できていないという状況に陥ってしまっているのです。こうなるといつまでたっても返済が終わることはありませんよね。そのうえ追加で借り入れをしてしまったら、利息を払うことに他社からの借り入れを行わなければならなくなってしまうのです。

リボ払いは、月々の負担が少ないため支払い遅延が起こりにくい点が大きなメリットです。このメリットを活用し、余裕のないときは最低額を、余裕のできる月には頑張ってまとめ返済をして元金を減らしていく。これが賢いリボ払いのやり方なのです。

利息についても勘違いをしている方が多いようです。金利の計算シュミレーションなどで実際に計算してみてはいかがでしょう。思いがけない金額の利息を支払っていることに気がつくでしょう。

契約書には記載されているものの実際は気にも留めない「リボ払い」や「金利」がじわじわと首を締め付けているのです。カードローンを利用するにあたっては、これらのことにも気をつけて計画的な利用を行うようにしましょう。